スピード違反は一般道と高速道路で規定が違い、速度超過だけなく遅すぎても取締りの対象になります。

スピード違反の違反点数と罰則金

警察が取り締まる交通違反で多いものにスピード違反があります。
免許取得者の約半数がスピード違反で検挙された経験を持つといわれています。
これは交通違反の種類としては「速度超過」にあたるものです。

 

速度超過は時速と単位によって決まります。
交通違反は点数と反則金でペナルティが課せられます。

 

<普通自動車の場合>

15km未満

1点(14点)の減点と9千円の罰金

15km以上25km未満

1点(14点)と1万2千円の罰金

20km以上25km未満

2点(14点)の減点と1万5千円の罰金

25km以上30km未満

3点(15点)の減点と1万8千円の罰金

30km以上50km未満

6点(16点)の減点

50km以上

12点(19点)の減点

 

30km以上の速度超過の場合は罰金の金額は簡易裁判所で決定するようになります。
この場合とても大きな金額になります。概ね10万円以下だといわれています。

 

 

<高速道路での速度超過の罰則>
30km以上35km未満 3点(15点)の減点と2万5千円の罰金
35km以上40km未満 3点(15点)の減点と3万5千円の罰金

 

 

 

スピード違反の画像

スピード違反は、違反のスピードに比例して非常に危険な違反行為です。
当然のことですが、単に道路交通法によって取り締まられるだけに留まらず、時には重大な事故を引き起こしたり、最悪の場合死亡事故の原因ともなるのです。

 

また、道路交通法には最高速度が定められており、それを超過することで取り締まりの対象としますが、規定の速度を下回って走行している場合にも取り締まりの対象になります
最低速度というものです。

 

このように道路をクルマで走行する際は、適性な速度で走行することが大切です。法令に基づき全体の流れにそって安全に運転することを心がけることはドライバーの義務といえるでしょう。