高速道路では法定速度は100km/h、最低速度は50km/hと定められています。

最低速度違反とは

 

スピード違反でキップを切られているドライバーをよく見かけます。
みなさんの中にも一度は法定速度を違反して警察に取り締まられた経験のある人がいるでしょう。

 

法定速度40km/hで走行しなければいけない道路で、道路が混雑していなかった場合、とにかく急いでいたとき60km/h、70km/hで走行してしまって、警察に取り締まられてしまうことってありますよね。

 

「運が悪かった。」「警察がいるとは思わなかった。」「自分だけじゃない。」という嘆きを言う人も少なくありません。しかしスピード違反は一歩間違えば大きな事故につながる重大な交通違反です。

 

遅すぎてもダメ

こういったスピード違反で捕まる交通違反者を忌み嫌い自分は安全運転なので絶対に警察に捕まらないと高をくくっている人!ちょっと待ってください。

 

安全運転の人は、たしかに交通法規をしっかりと遵守して警察に取り締まられる機会は少ないといえるでしょう。しかしこういった安全運転を心がける人でもうっかりしていると予想外のところで手痛い取締りを受けることがあります。

 

それは最低速度違反です。

お年寄りの運転手

 

安全運転を心がける人の中には、あまりスピードを出すことを過剰に控える人が少なくありません。

 

これはあまりに遅すぎるスピードで走行していると後続車にとって非常にもどかしく迷惑な運転であることもあります。

 

そして遅く走ることで逆に事故を誘発してしまうことさえあります。
これは法律でも規制されていることがあります。

 

高速道路では法定速度は100km/h(大型貨物自動車などは80km/h)と定められていますが、最低速度も定められており、これは50km/hです。

 

これを下回る速度で高速道路を走行すると非常に危険です。
特に高速道路の場合は、一般道路よりも高速で走行するため一度事故に発展すれば重大な結果を起こしかねません。

 

このように最高速度を違反することはもちろん最低速度を違反する危険性もあるということ肝に銘じておきましょう。

 

しかしこの最低速度違反の違反点数はやや低く、1点と6000円の反則金が設定されています。