追越し禁止の標識によく注意し、追越しをする前に他の車の状況をよく確認することが大切です。

間違った追い抜き方法

 

追越し違反は、警察の取締りの中でも非常にポピュラーなもので交通違反のトップ10に入るものです。

 

自動車を運転していると前方の車を追い越さなければならない状況というものが必ず訪れます。ドライビングが慎重な人や運転免許を取得して間もない人などは、前の車を追い抜くことを避ける人もいます。

 

道路

しかし道路を走行しているのは、車だけでなく原付などのバイクや自転車などが走行しており、自分の運転している車よりも明らかに遅い車両を追い抜かなければならない状況というものは否定できません。

 

それをしなければ後ろの車の迷惑になってしまうからです。

 

追い越すことが悪いのではなく、適切な方法と適切な区間で追越しをすれば何も恐れることはありません。

 

しかし追い抜きの方法を間違えてしまえば、道路交通法に引っかかり警察や白バイの取締りの対象になります。

 

追い越しのルールを知る

2車線の道路では標識で追越しが禁止されている区間があります。
また片側2車線以上の道路でも追越しのルールを熟知していないと思わぬところで追越し禁止を犯してしまうことがあります。

 

例えば、自分以外の車が前の車を追い越しをかけようとしているときなど二重追越しに適用する場合があります。

 

また注意しなければならないのは、左側車線を利用した追越しです。基本的に追越しは前の車の右側を使用して追越しをかけなければなりません。

 

追越し禁止の違反点数は2点で、反則金は9000円です。

 

追越し違反をしないためのコツとしては、追越し禁止の標識によく注意することが一番ですが、追越しをする前に他の車の状況をよく確認することが大切です。
また追越し禁止の標識とはみ出し禁止の標識を間違えるケースがよくありますが、その違いと性質をよく理解することが大切です。

 

他の車が自分の車を追い越そうとしていないか、追越しをするために対向車と衝突する危険性がないかなど注意しておくことが大切です。

 

また幼稚園バスが停車している横を通過するときのルールは徐行です。