無灯火で走行すると自分の視界が狭くなるだけでなく、対向車や周りを走る車にとっても危険です。

うっかりに注意!無灯火運転

 

夜道車を走らせているとふと自分の車のライトを点け忘れていることがあります。

 

意外に普通に走行できてしまうので、うっかりヘッドライトを点け忘れることがありますが、これはれっきとした交通違反です。

 

ヘッドライトのつけ忘れ、無灯火走行の交通違反点数は1点です。

 

1点というと交通違反として甘く考えがちですが、反則金の額は意外に高く、大型車で7000円、普通車・二輪車で6000円、そして小型特殊車と原付でも5000円です。

 

周りの車に自分を知らせる

無灯火のまま走行すると自分の視界がせまくなるだけでなく、対向車や周りを走る車にとっても非常に危険です。

 

これは自転車でも同じですが、自分の視界を照らすだけでなく、自分以外の人に対して車の存在を知らせるためにはヘッドライトのスイッチをいれておくことは夜間の走行にとって非常に大切なことです。

 

特に最近は、夕暮れ時や夜間に無灯火で走行する車を多く見かけるようになりました。
これは自発式メーターの車が増えたことによるといわれています。

 

現代の車の仕組み

一昔前の車はヘッドライトの点灯と同時に室内のメーターパネルが発光するような仕組みになっていましたが、現在の車はヘッドライドを点灯しなくても、室内のメーター類が光ってみえるようになっています。
従来であれば、夜間に室内のメーターやインパネがみえなければ走行できず、自然とライトを点けていましたが、これでは夜間にライトをつけわすれたとしても無理はありません。

 

焦る運転手

無灯火運転はけして悪意をもって行っている人は少ないですが、うっかりミスから大きな事故に発展する非常に危険な行為です。特に夜間の走行前はヘッドライトをつけるのを忘れてはなりません。

 

また無灯火というのは、ヘッドライトの点灯だけではありません。この灯火には前照灯、車幅灯、尾灯が含まれており、前照灯というのはヘッドライトのことで、車幅灯というのは、車の幅を示すためのスモールライト、尾灯というのは車の後ろにそなわっているテールランプのことです。