無車検・無保険走行は、一発で免停になるような危険な行為です。

無車検車運行と無保険車運行

 

交通ルールを正しく守って走行していても、車検が通っていない車を走行させたり、保険に加入していない車を走行させたりするとそれ自体が違反になるケースがあります。
それが「無車検車運行」と「無保険車運行」です。

 

無車検車運行

車検を受けていない車を公道で運転すると道路車両運送法の違反になります。
車検というのは、自動車を走行させる上で非常に大切なもので、これを受けずに車を走らせるということは非常に危険な行為といわざるをえません。
無車検車運行では違反点数は6点で、6カ月以下のの懲役または30万円以下の罰金という罰則があります。

 

無保険車運行

自賠責保険に加入しないで車を公道で走行させることは非常に危険な行為です。
万が一、事故を起こしたりしたときに発生する損害賠償を賄うことができないからです。
無保険車運行の場合では違反点数は6点は無車検車運行と同じですが、罰則がやや厳しく12カ月以下の懲役または50万円以下の罰金という風に定めれられています。

 

交通違反の中でもこれらの違反は非常に重大な違反となっており、一発で免停になるような危険な行為です。

 

違反者が増えている

維持費

 

しかし違反の重大性とは裏腹に経済状況を理由に、無車検で運転するような違反者が増えている事実があります。

 

また無車検車運行と無保険車運行の違反は同時に犯しているケースが多く、特に経済状況を理由に車検を通してないということは、自賠責保険にも加入できないということとイコールです。

 

その場合、違反点数は無車検車運行(6点)と無保険車運行(6点)の合計12点が課されます。初犯であれば、簡易裁判所での罰金で済むこともありますが、複数回繰り返すと実刑が課されることもある重大な違反です。

 

これの違反をしないために肝に銘じることは、「事故を起こしてからは遅い」ということです。「生活に車がないと困る。」「お金がなくて車検が出来ない。」といった甘えた姿勢は、いつか他人や家族に重大な迷惑をかけることにつながるのです。