酒気帯び運転や酒酔い運転は違反点数は法改正により引き上げ!一発で免許取り消しの重大違反です。

飲酒・酒気帯び運転

飲酒運転ならびに酒気帯び運転は、非常に危険な行為で違反点数も罰則規定も非常に高いものとなっています。

 

酒気帯び運転

「酒気帯び運転」は2段階あります。

0.15以上0.25未満 違反点数が13点、免停
0.25以上 違反点数は25点になります。

25点というのは、過去3年以内に免停の記録がなくても初回から免許取り消し2年間に達してしまうほど大きなものです。
免停ではなく免許取消しです。

 

 

 

飲酒運転

そして、それよりも悪質で危険な行為であるのが飲酒運転、正確には「酒酔い運転」です。
これは一般違反行為とは異なり特定違反行為と指定されており、交通違反の中でも極めて深刻な行為です。

 

酒酔い運転 違反点数は35点であり、これは免許取消し3年に相当して、5年以下の懲役または100万円以下の罰金に相当します。

 

酒気帯び運転及び飲酒運転はあまりにも重大な事故が続いた経緯もあり、2007年に法改正がなされ、違反して運転者本人だけでなく同乗者も罰則の対象として、罰則規定も大幅に厳罰化されました。アルコールの摂取量に比例して事故にいたる倍率も高まるといわれています。

 

飲酒運転の画像

 

実際に通常時に比べて大幅に運転能力は低下し、判断力も正常時と同じように働かないため事故にいたる確率を高めるとともに、万が一事故に起こった時に救護義務を果たさなかったり、絶対に行ってはならない「ひき逃げ」をしてしまったケースもあります。

 

このことから、現在では飲酒・酒気帯び運転は交通違反の中でも極めて重大な違反です。
厳罰化されたこともあり、また人々の認識も深まってきたことから飲酒・酒気帯び運転による死亡事故や交通事故の件数は減少傾向にあります。

 

ただ、残念なことにまだ一定数の事故が毎年起こっていることも事実です。
私たちの意識としては、まず最初に自分が飲酒・酒気帯び運転をしないよう努めることと、身近な人に飲酒運転をさせないように気をつけることも大切です。
それが社会から不幸な事故を無くすことであり、自分や身近な人を守ることでもあるのです。