道路交通の秩序のために違反と減点数、反則金、免許取り消しの規定を学ぶ!

交通違反の減点

車の運転免許制度を考える上で欠かせないことがあります。
クルマや原動機付自転車、二輪車を道路に運行させる上でそのルールの中で違反行為をしたものに対してペナルティを与えなければなりません。
これは法律によって定められていることであり、危険な運転者を道路の秩序を守るために排除しなければならず、またそれを抑止するためにあるものです。

 

違反行為の画像

ペナルティの与え方は、ドライバーの違反に応じて定められた点数を減点して、その減点は過去3年間など一定の期間の間に累積され、合計されていくものです。

 

また減点されるのと同時に反則金も課されます。
主な交通違反とその点数や反則金の額は多肢にわたり、法改正を機に変更されることもあるので日頃から確認しておくことが求められます

 

減点による合計点がこの一定の期間内にどれだけ蓄積されるかによって、場合によっては免許停止や免許取り消しになります。処分の基礎点数は一般違反行為特定違反行為によって違い、また前歴の回数によっても変動します。
中には一回で免許取り消しになる高い違反点数のものもあります。

 

酒気帯び運転や酒酔い運転は、度重なる重大事故の反省から違反点数が改正され、厳しい罰則が設けられるようになりました。
例えば、一般違反行為が過去3年間の内に1回ある場合は、2~4点で免許停止および保留の処分になります。これが前歴がない場合に免許停止および保留になる点数は6~14点です。

 

このように3年間の間に違反した回数や点数によって免許停止や保留、さらに重い罰則として免許取り消しや拒否の期間が決まります。

 

交通違反をしてはならないことは大前提ですが、万が一の過失によってキップを切られた場合には、自分の点数がどれくらいなのか、累積点数はどうなっているのかを常に把握しておくことが大切です。「何年何月に違反をしたのか」を把握しておくことで、自身に対しての戒めにもなり、交通違反の制度を理解して行動するようになります。